ホリスティック・マインドフルネス講座

ホリスティック・マインドフルネス7つの項目の知識をただ増やすのではなくどのように関係しているのか?そしてそれがどう臨床や指導の現場でどう役に立つのか?自分の人生にどう生かすのか?をわかりやすく理論と実践を通して学んでいきます。頭だけの理解にならないように身体で覚える講座です。

体感を通じて学習するため、すぐに現場で実践可能です。特に医療従事者や心理カウンセラーといった方々にはかなり有益な内容でしょう。

この講座のベースはマインドフルネスです。マインドフルネスや瞑想実践には多くの時間を割いていますのでマインドフルネスを特に学びたいとお考えの方にもおすすめです。

講座の内容は専門家も知らないような知識やエクササイズが数多く含まれていますが、わかりやすく体系化してあるので予備知識がまったくない方でも問題なく受講することが可能です。

こんな方におススメの講座です

・医師、看護師、理学療法士、作業療法士などの医療従事者

・臨床心理士、心理カウンセラー、産業カウンセラーなどの対人援助職の方

・教師、講師、保育士などの教育者

・介護士、精神保健福祉士などの福祉関係の方々

・ヒーラー、気功師、スピリチュアル系の方々

・整体師、ボディワーカー、スポーツトレーナーの方々

・経営者、ビジネスマン、個人事業主の方々

・音楽、美術、デザイナーなどのアート関係者

・マインドフルネス瞑想の指導者、僧侶の方々

・とにかく人生を変えたい、自分を変えたい人

この講座で学べる内容を少し紹介

心理

・マインドフルネス瞑想実践の基本(呼吸法)

・どんな場面でも緊張しない方法

・不安や恐怖と正しく付き合うには?

・怒りを一瞬で鎮めるには?

・仕事が原因でうつ病になった人を1回のセッションで治す方法

・東洋の心理学と言われている「唯識」の基礎理論

身体

・マインドフルネス瞑想実践の基本(ボディスキャン、歩く瞑想)

・身体の〇〇〇を変えれば心も変わる

・ストレスが痛みを作っている?

・多くの不眠症の人を治した〇〇〇〇〇

・ぎっくり腰を2時間で治した方法を公開

食事

・マインドフルネス瞑想の基本(食べる瞑想)

・数年間に渡りベテラン栄養士から直接学んだ栄養学のウソと本当をお伝えします。

・疲れやすい、眠れないは〇〇の摂取を辞めると改善する

・多くの人が毎日食べることで体内で起こる〇〇〇が情緒不安定の原因?

・〇〇と〇〇を組み合わせて食べると若返る

・花粉症の改善には〇〇を減らすと良い?

気功

・気の正体は何?

・気功の基礎実践と基礎理論

・免疫力を高める気の使い方

・長年冷え性で悩んでいた女性が1日で冷え性を改善した気のエクササイズ

・人に好かれる気(雰囲気)を発するエクササイズ

脱洗脳

・マインドフルネス瞑想の応用

・生活が苦しいと感じている人は〇〇からの洗脳を解けばいい

・あなたを洗脳している〇〇な人とは?

・洗脳されない自立した精神力を身に着けるには?

・経済学者も知らない経済のウソと本当

思考

・仕事や人間関係でしんどくならない簡単な〇〇

・思考の視野を広げるには〇〇をすればいい

・抽象度の高い思考法を身に着ける

・発想やひらめきは〇〇が重要

・右脳トレーニングは本当に効果的なのか?

コーチング

・マインドフルネス瞑想の応用

・病気が治らないのは〇〇に留まっているから

・モチベーションを高く維持する方法

・「今ここ」を生きるには「未来」のことを〇〇しなければいけない

など。ここで紹介したのは講座で学べるほんの一部に過ぎません。これらを体系的につながりを持って理論と実践を通して学んでいきます。

ホリスティック・マインドフルネス体験講座

ホリスティック・マインドフルネスとはマインドフルネスをベースに「心理」「身体」「気功」「脱洗脳」「思考」「コーチング」の7つの項目を融合させたプログラムです。7つの項目は相互に関係しており同時に学ぶことでより効果を引き出すことが出来ます。

「心理」で心の扱い方を習得し、「身体」で土台を整えて、「食事」で心と身体の機能を高めて、「気功」でそれらを結び付け、「脱洗脳」で新しい物の見方を獲得し、「思考」で視点を上げて、「コーチング」で未来に働きかけます。

今回の体験講座は理論が中心となります。

【日時】

2018年 3月 日時は未定

【場所】

 大阪市内 お申込みされた方にご案内させて頂きます。

【定員】

 6名  

【参加費】

 8,000円  

【講師】

大阪・天満橋マインドフルネス研究所

西山純一 

 

お申込みは下記のメールフォームよりお願いします。

 

お申込み方法

メールフォームよりお申込みください。

お電話でのお申込みは070-5265-5562

メモ: * は入力必須項目です