ホリスティック・マインドフルネス7つの項目「気功」

ホリスティック・マインドフルネス療法の身体へのアプローチではヨガやボディワーク、食事だけでなく気功も重要視しています。なぜなら充実した人生には健康が不可欠だからです。あなたのルックスがいくら良くてもお金をたくさん持っていても身体が弱く不健康ならばどうでしょうか?人生は充実していると言えますか?

逆にルックスやお金には恵まれていないけど身体が丈夫で健康ならばそれだけで人生は充実していると言えないでしょうか?この辺りの話は個人の価値観が関わってくるのでどちらの人生が「良い」「悪い」は言えないかもしれません。しかし不健康であるよりも健康の方が絶対に良いと言える人の方が圧倒的に多いでしょう。

自身の健康に関心のある方はとても多いと思います。高齢者の方が増えているというのもありますが健康産業の成長や売り上げは年々伸び続けています。ひと昔前に比べて健康食品の広告が増えているのに気付いている人もいるでしょう。そこでお聞きします。「どうすれば健康になるのでしょうか?」「健康を維持出来るのでしょうか?」

「サプリメントを飲めばいい」「運動をすればいい」「定期健診にいけばいい」と答える人が多いと思いますがそれは半分しか正解していません。答えは「気功」に取り組むです。

気功が怪しいと思う人もいるかもしれませんがそれは大きな間違いです。気功は科学的に認められている立派な健康を増進させる方法です。身体だけでなく心の安定や健康に良いのです。気を感じて気の流れを自在に操るのが気功です。

実は昔から日本人にとって気功はとても身近な存在です。日本語を見てください。「やる気」「気持ち」「病気」「気色悪い」「勇気」「気合」「元気」「気力」「気が合う」「雰囲気」「邪気」「陽気」など。私たちは「気」という言葉を日常的に使っているのです。気功とはこの「気」を感じて扱う方法です。

この世の生命には全て「気」が流れています。「気」の流れが滞れば病気になるし、「気」が正常に流れれば健康になります。そしてこの「気」は自分でコントロール可能です。ということは病院にいかなくても病気は自分で治すことが出来るのです。これは医学的にもわかっています。病院で行う治療は治すために行っているのではありません。本人が治ろうとするのをサポートしているだけなのです。治すのは医者や治療家ではなく本人です。

気功は本人が治ろうとする力を圧倒的に高める方法だと理解してください。気功が使えるようになった人の話を一部紹介します。「風邪の治りが早くなった」「花粉症が治った」「じんましんが一瞬で収まった」「アトピーが改善した」「火傷の治りが早くなった」「便秘が治った」「冷え性が治った」「血糖値と血圧が正常になった」「長年苦しんでいた腰痛がなくなった」これらは本人の体験談です。巷では「ガンが治った」などの話も聞きますが気功を使いこなせるようになればガンが治っても不思議ではありません。

ホリスティック・マインドフルネス療法で取り組む気功は自分自身の気の流れを良くする方法が中心です。気功が上達すれば他人の気の流れをコントロールしてその人を健康にすることが可能ですが、このプログラムではそこまでは取り組みません。まずは自分自身が圧倒的に健康になる方法を身に着けます。*他人に気を流す方法を学びたい方は別の講座で行っておりますのでそちらにご参加ください。

気功はマインドフルネス瞑想やホリスティック・マインドフルネス療法で取り組むヨガや食事と組み合わせるとより効果がアップします。というよりもマインドフルネス瞑想やヨガ、食事自体が気功でもあるからです。瞑想やヨガでは自分の身体の感覚に意識を向けて感じ観察します。これは気功で言えば身体を流れる「気」を感じると同じ方法です。食事は外から「気」を体内に取り入れる方法です。良い食事をすれば良い「気」が体内に入ってくるのです。

ホリスティック・マインドフルネス療法のプログラムにある気功に取り組めば驚くくらい変化を実感するはずです。圧倒的に健康になるはずです。人生を充実させるには健康は欠かせません。気功を習得するのに特別な才能は必要ありません。「気」は生きている人ならば全員持っているからです。