人生を変える方法

人生を変えるためには、当たり前ですが自分の心を変えるということが必要になってきます。では自分の心を変えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

「心を変える」という方法論は心理学を始め巷にいろいろと出回っています。胡散臭い方法もたくさんありますが、その胡散臭い方法で変わった人もいます。心とは千差万別なので「これをやればいい」というのはないのかもしれません。

 

その中でマインドフルネス瞑想は心を変化させる方法としては優れています。なぜなら自分と徹底的に向き合う方法だからです。自分を変えるにはまずは現状を認識しなければいけません。現状を認識することで初めて「どうすればそれを解決出来るのか?」が観えてきます。それがわかればあとは行動に移すだけです。

 

「どうすればそれを解決出来るのか?」は自然と見える場合もあればそうでない場合もあります。確実に言えることはそれについてしっかりと「思考」しなければ解決策は観えてこないということです。

 

マインドフルネス瞑想だけに取り組んで何も変わらない人が多いのは「どうすれば?」という「思考」をしていないからです。「心が落ちつく」というレベルで留まっているのです。

 

マインドフルネス瞑想に取り組んで自分と向き合い、内観した後、「どうすれば?」という「思考」、「人生をどういいうものにしたいのか?」という「コーチング」が必要です。それを段階を経て行う事で人生が変化するのです。

 

ホリスティック・マインドフルネスというプログラムを作ったのはそれをトータルでやっていこうというのが理由の一つです。真剣に取り組むことで確実に人生が変化するでしょう。

 

ホリスティック・マインドフルネス講座は来年からですが、個人セッションであるホリスティック・マインドフルネス療法はすでに募集しています。まずはホリスティック・マインドフルネス療法体験セッションからお申込みください。